私が街を歩くときには〜Quando me'n vo soletta〜 ムゼッタ

私が一人で
通りを歩いているときは、
人々は立ち止まって私を見つめるの、
そして私の美しさに見とれて
私を見回すのよ、
頭のてっぺんから足の爪先まで・・・

そして、私は微妙な熱望を味わうのよ
人々の目から発散し、私のすぐわかる魅力から
中に隠れた美しさまでも見通そうとする
あの熱望を。
こうして、欲望の破産が私の回りを
すっかり取り巻いて
私を美しく、私を楽しくさせてくれるのよ。

参考:ビクター株式会社 トスカニーニ/プッチーニ:歌劇「ボエーム」全曲 対訳リブレットより〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。